HOME > 最新情報 > 2015年8月 アーカイブ

最新情報

2015年8月 アーカイブ

2015/08/01

ふくとくさん家 「便秘」

-----------------------------------------------------------------------------------------------

会報で掲載している4コマ漫画「ふくとくさん家のきょうもテルミー」です。

ご家庭で簡単にお使い頂けるイトオテルミー療法を分かり易くご案内しています。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

fukutoku_365.jpg

1日のなかで便意を最も感じやすいのは朝食後です。その朝食を朝は時間がないからという理由で抜いてしまったり、便意があっても我慢をしたりしていませんか。このようなことが続くとしだいに便意を感じなくなり、便秘が常習化してしまいます。予防のためにも規則正しい食事と、水分・食物繊維の摂取、適度な運動を心がけ、毎朝の排便を習慣づけましょう。便秘がちな方は朝食の前後にテルミーをかけると、ぜん動という大腸運動が活発になり、排便につながります。ぜひお試しください。

【全身テルミー】

1020分。11回、柱火を大きく、力加減も弱から強へと変化させ、爽快感を出すように行います。1日のなかで便意を最も感じやすいのは朝食後です。その朝食を朝は時間がないからという理由で抜いてしまったり、便意があっても我慢をしたりしていませんか。このようなことが続くとしだいに便意を感じなくなり、便秘が常習化してしまいます。予防のためにも規則正しい食事と、水分・食物繊維の摂取、適度な運動を心がけ、毎朝の排便を習慣づけましょう。便秘がちな方は朝食の前後にテルミーをかけると、ぜん動という大腸運動が活発になり、排便につながります。ぜひお試しください。

【全身テルミー】

10~20分。1日1回、柱火を大きく、力加減も弱から強へと変化させ、爽快感を出すように行います。

【局所テルミー】

3~5分。便秘のときは毎日1~2回、腹部と仙骨部に熱感を覚えるまで十分に摩擦することが基本です。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

※健康成人への施術例です。症状にあわせて火の大きさや施術の時間を調整しましょう。

※テルミー療法を過信しすぎず、医療の適期を失わないことが大切です。

症状の継続または増強が見られた場合には、すぐに医師の診察を受けましょう。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

本記事の画像の著作権は、一般財団法人イトオテルミー親友会に属します。

記事の複製・転載を禁じます。