HOME > 最新情報 > 2016年4月 アーカイブ

最新情報

2016年4月 アーカイブ

2016/04/28

謹んで、熊本地震の被災地、被災者の皆様にお見舞い申し上げます



医宗一如、慈しみの心、博愛の精神を掲げるテルミー界は、悲しみを共にしています。

一般財団法人イトオテルミー親友会会員皆様の安全をひたすらにお祈り申します。


 

平成28年4月28日



イトオテルミー学院

学院長 伊藤 元明

一般財団法人 イトオテルミー親友会

 会長  田代 吾子

2016/04/11

会報「ザ・テルミー春号 No.402」

ザ・テルミーNo402_2.jpg

健康的な生き方、くらしを応援する会報誌「ザ・テルミー」(年4回発行)は

会員専用ページにてご覧頂けます。

入会手続きをご希望の方は入会方法をご覧下さい。

[ピックアップ]

●巻頭インタビュー

禅心寺前住職/「生と死をみつめるセミナー」代表

金子眞介師

長崎県大村市にある曹洞宗の寺院・禅心寺には、病気や家族との死別など、さまざまな理由から人生の意味を見失いそうになっている人々が相談に訪れます。手作りの料理を囲み、和やかで笑いもこぼれるおしゃべりの中で生きる気力を取り戻す人たち。その輪の中心に金子眞介師がいらっしゃいます。禅心寺建立の道のり、ご両親の教え、真の幸福とは何かなどについて伺いました。

●KKジャーナル/初対面の印象アップで人間関係を豊かに~好感度が上がる話し方~

●ふくとくさん家のきょうもテルミー

●カラダ健康塾/てんかん

●にっぽん全国支部うらうら

●テルミー体験記

●テルミーひろば

●新春お年玉クイズ

●事務局だより

●派遣講師講習会予定表/特別会員講習会予定表

●テルミー製品価格改定のお知らせ

●暖流

●テルミー歴史館


一般財団法人 イトオテルミー親友会 事務局

2016/04/10

休暇のお知らせ

20160410.jpg

平成28年4月29日(金)~平成28年月5日(木) までの期間は、誠に勝手ながら休暇とさせていただきます。
5月6日(金)より平常業務となりますので、宜しくお願いします。


一般財団法人 イトオテルミー親友会 事務局

2016/04/01

テルミー製品価格改定のお知らせ

平成28年4月1日より一部テルミー製品の価格が改定となりました。

入会セットの費用が変更されてますのでご確認ください。


新入会セット_2016.jpg

ふくとくさん家 「しもやけ」

-----------------------------------------------------------------------------------------------

会報で掲載している4コマ漫画「ふくとくさん家のきょうもテルミー」です。

ご家庭で簡単にお使い頂けるイトオテルミー療法を分かり易くご案内しています。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

fukutoku_373.jpg

 手足や耳などの皮膚が赤くなったり腫れたりする「しもやけ(凍瘡(とうそう))」は、外気温が低下し皮膚温が低くなると起こる局所の循環障害です。皮膚が冷え血管が収縮してから反射的に血管が拡張するとき、ムズムズ・ジンジンとかゆみを感じます。靴が窮屈だったり濡れたりすると、しもやけになりやすくなります。しもやけの予防は、寒冷刺激を避け保温に気をつけることにつきます。濡れた手袋や靴下は乾いたものに替えます。手足のしもやけに似た症状から始まる自律神経の病気や膠原病がありますので、長引く場合は医師の診察を受けましょう。

【全身テルミー】

 夢中で遊んだ子どもたちは疲れています。ぜひ寝る少し前に1020分の気持ちよい全身テルミーをしてください。

【局所テルミー】

 しもやけに気づいたら、すぐに23分の短時間のテルミーを、1020分おきに繰り返します。空間法から始め(図1)、次に軽い摩擦法を行います(図2)。赤く腫れあがったしもやけは、直接強く摩擦することは避けます。かゆみに対して、瞬間的に「熱い」と感じるほど痛み神経にアプローチすることが有効です。言葉をかけ安心させながら、大きい柱火を有効に活用します。    

-----------------------------------------------------------------------------------------------

※健康成人への施術例です。症状にあわせて火の大きさや施術の時間を調整しましょう。

※テルミー療法を過信しすぎず、医療の適期を失わないことが大切です。

症状の継続または増強が見られた場合には、すぐに医師の診察を受けましょう。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

本記事の画像の著作権は、一般財団法人イトオテルミー親友会に属します。

記事の複製・転載を禁じます。