HOME > 最新情報 > 2015年9月 アーカイブ

最新情報

2015年9月 アーカイブ

2015/09/12

休業のお知らせ

20151011.jpg

平成27年10月11日(日) は、事務局は休業とさせていただきます。ご了承くださいますよう宜しくお願い申し上げます。


一般財団法人イトオテルミー親友会 事務局

2015/09/03

ふくとくさん家 「首の筋ちがい」

-----------------------------------------------------------------------------------------------

会報で掲載している4コマ漫画「ふくとくさん家のきょうもテルミー」です。

ご家庭で簡単にお使い頂けるイトオテルミー療法を分かり易くご案内しています。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

fukutoku_366.jpg


ふくとく家のおじいちゃんのように、振り向いたとたん首に衝撃が走り、痛くて動かせなくなる状態を首の「筋ちがい」といいます。急性の軽い首の捻挫と考えられ、思わぬ方向への頸椎の動き、筋肉・靭帯の疲労や血流障害などが原因となります。テルミーをかける際は強刺激の摩擦や点擦を避け、回数を分けて表面から深部をじんわりと温めていきましょう。手や指先にシビレがあるときは、必ず医師の診察を受けてから行ってください。

【局所テルミー】

まずスコープによる空間法を後頭部、後頸部と首のつけ根両側の肩に適用し、筋肉をやわらかくします(図1)。次に冷温器の摩擦法や点擦法を適用します。手で触れて筋肉がかたいところ、押して痛い部位に小さな火でゆっくりとした深い点擦を行います(図2)。前記の部分が温まったら、テルミーは一度中断してください。以上の方法で、134回温めるとよいでしょう。

【全身テルミー】

1日1回の全身テルミーを併用すると、ずっと楽になるでしょう。慢性の場合は背中や腰を念入りに(図3)。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

※健康成人への施術例です。症状にあわせて火の大きさや施術の時間を調整しましょう。

※テルミー療法を過信しすぎず、医療の適期を失わないことが大切です。

症状の継続または増強が見られた場合には、すぐに医師の診察を受けましょう。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

本記事の画像の著作権は、一般財団法人イトオテルミー親友会に属します。

記事の複製・転載を禁じます。


2015/09/01

休業のお知らせ

20150901.jpg

平成27年9月22日(火)と23日(水) は、事務局は休業とさせていただきます。ご了承くださいますよう宜しくお願い申し上げます。


一般財団法人イトオテルミー親友会 事務局