HOME > 最新情報 >ふくとくさん家> ふくとくさん家 「おでき」

最新情報

ふくとくさん家

2017/04/01

ふくとくさん家 「おでき」

-----------------------------------------------------------------------------------------------
会報で掲載している4コマ漫画「ふくとくさん家のきょうもテルミー」です。

ご家庭で簡単にお使い頂けるイトオテルミー療法を分かり易くご案内しています。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

fukutoku_386.jpg


 おできは毛包(毛穴)、および毛包周囲の細菌感染(黄色ブドウ球菌)によって、皮膚の中に膿がたまったものです。炎症が毛包の深いところまで及んで皮膚が円錐状に突起し、熱をもち痛みが出ます。大きくなるとおできの頂点から膿が流れだして、皮膚に穴があいたようになりますが、穴は自然に塞がります。顔にできたおできは面疔(めんちょう)と呼びます。

【全身テルミー】

 自然治癒力を高めるために11回、1020分を目安に継続します。一般的に柱火は大きく、力加減は強弱の変化をつけて軽快に。発熱時には手足を丁寧にかけて温めます。

【局所テルミー】

 1日複数回、135分が目安です。まず、おできの周囲を大きな柱火で円を描くように摩擦してから(図1)、患部のテルミーに移ります。次の①~③の場合でも同様です。

①  炎症の初期、皮膚の発赤部位には軽く空間法を用います(テルミースコープではテルミー線の本数は25本を加減)。
② おできが大きく化膿した場合、おできの周囲(冷温器がふれても痛くない)には、少し強めの摩擦を数回行い(図2)、循環をよくしてから小さな柱火で点擦法を併用します。
③ 膿が出た後の患部には、空間法(テルミースコープ)を用います(図3)。患部やその周囲が温もったら一度中止して、また後で行います。火傷をしないように注意してください。

----------------------------------------------------------------------------------------------

※健康成人への施術例です。症状にあわせて火の大きさや施術の時間を調整しましょう。

※テルミー療法を過信しすぎず、医療の適期を失わないことが大切です。

症状の継続または増強が見られた場合には、すぐに医師の診察を受けましょう。

------------------------------------------------------------------------------------------------

本記事の画像の著作権は、一般財団法人イトオテルミー親友会に属します。

記事の複製・転載を禁じます。