一般財団法人 イトオテルミー親友会のホームページ
テルミー療法に関する公式情報サイトです。

事務局044-811-8415 (水曜を除く9:00~17:00)

2021-05-10
ふくとくさん家 「貧血」

 貧血(赤血球数の減少や血中ヘモグロビン濃度の低下)は状 態をあらわすものです。原因となる疾患が隠れていますので、貧 血を放置することなく、医師の的確な診断や治療を優先して、テ ルミーを併用しましょう。大多数は女性に多くみられる鉄欠乏性 貧血ですが、子宮筋腫、胃潰瘍やがん、腎臓病などにより発現 します。顔色や眼瞼結膜の色が蒼白、疲れやすい、食欲不振、 進行すると動悸・息切れなどの症状が現れます。  
 貧血予防の第一歩は、バランスのとれた食生活が基本です。 ここでは鉄欠乏性貧血について記述します。

 【全身テルミー】
 1日1回。所要時間は10~20分、テルミー線2~4本を目安に 増減します。柱火は中~大、5指2本把握法を用い、弱~中等度 の力加減で温和な摩擦を行い、爽快感を与えます。血液やリン パ液の流れを良好にして自律神経の機能を調整することが、疲 労感や食欲不振などの自覚症状の軽減につながります。

 【局所テルミー】
 1日1~2回。腹部は、臍を中心に渦巻き状の温和な摩擦法で、 小腸の粘膜の吸収機能を高めましょう(図1)。仙骨部も同様に 用いるのも有効です(図2)。月経過多や不正出血のときには、 腹部や仙骨部の摩擦は特に注意して、短時間で軽く静かな手技 を用いることが大事です。


※健康成人への施術例です。症状にあわせて火の大きさや施術の時間を調整しましょう。


※テルミー療法を過信しすぎず、医療の適期を失わないことが大切です。 症状の継続または増強が見られた場合には、すぐに医師の診察を受けましょう。


本記事の画像の著作権は、一般財団法人イトオテルミー親友会に属します。 記事の複製・転載を禁じます。