一般財団法人 イトオテルミー親友会のホームページ
テルミー療法に関する公式情報サイトです。

事務局044-811-8415 (水曜を除く9:00~17:00)

2019-02-10
ふくとくさん家 「やけど」

 やけどは、主として皮膚に高温の液体(熱湯、油など)や気体(蒸気)、薬品(酸、アルカリ性)などが作用して起こり、やけどの重症度はやけどの深さと広さによって決まります。   やけどの直後は応急処置として、まず患部を水道水や冷たいタオル、保冷剤などで冷やしましょう(水疱ができている場合には潰さないように冷やして保護します)。冷やす時間の目安は15 ~ 30分といわれています。 広範囲に水疱ができている...

2019-01-10
ふくとくさん家 「おむつかぶれ」

 赤ちゃんのお尻が荒れやすいのは、肌は薄く、バリア機能は不十分で外的刺激に敏感だからです。普段からお尻は清潔に保ち、空気に触れさせ、湿気をとってからオムツをつけます。 【テルミー療法】 赤ちゃんの刺激量は成人の1/10から1/20に。全身テルミーは1日1回、所要時間は1~ 2分を目安に小さな柱火(2 ~ 5ミリ)を用い、3指1本または2本把持法の弱い力加減の摩擦法で行います(図1、2)。全身を丁寧...

2019-01-01
にっぽん全国支部うらうら(12)

テルミーの支部は全国に230ほどあり、それぞれの支部が健康づくりや会員相互の交流を行っております。 「にっぽん全国支部うらうら」では、支部の活動をご紹介していきます。皆さまも支部の集まりに参加して健康の輪を広げませんか。 隠岐諸島へ上陸! 石原ハチエ支部/石原ハチエ昨年の山陰大会で特別講演をしていただいた白築純さんに「隠岐の海士町(あまちょう)にコンサートに行くけれども、一緒にテルミーの普及に行き...